【最大5.5%還元】ファミリーマートでザクザクTポイントを貯めて安く買う方法6選

『ファミリーマート』というTポイント加盟店として有名なコンビニがあります。

ファミリーマートは通常200円につき1Tポイントしか貯まらない店舗ですが、実は色々な方法で出費を増やさずにザクザクTポイントを貯めることができます

Tポイントは例えば期間固定Tポイントですら税金の支払いに1pt=1円としても使用でき、一部のドラッグストアで1pt=1.5円として使用することもできます。

乱立している共通ポイントの中では歴史が古く加盟店も多く、最も現金に近い感覚あるいはときにそれ以上の価値として利用することができるお得なポイントがTポイントです。

この記事では出費を増やさずにザクザクTポイントを貯めながらファミリーマートで安く買い物するお得な方法を還元率別にレベル分けして6つ紹介します。

当ブログはTポイント専門ブログであるため、Tポイントを集中して貯めている方を対象として各買物方法毎にTポイント還元率を併記しています。Tポイントにさほど興味のない方はあらかじめご容赦ください。
スポンサーリンク



ファミリーマートでザクザクTポイントを貯めて安く買う方法6選

ザクザクTポイントを貯めて安く買う方法:レベル1(最大2.5%還元)

Tカードを提示して買う

お得度:★☆☆☆☆

難易度:★☆☆☆☆

還元率:0.5~2.5%(※)

うちTポイント還元率:還元率と一致

※ファミランク・曜日により変動します

とても有名な方法ですが、

これを200円につき1ptしかもらえないケチな制度と勘違いしている人が多いです。

実は『ファミランク』『カードの日』という制度を利用すると現金派の方でも最大2.5%のTポイント還元が可能になります。

特に『カードの日』を毎週火・土曜日はTポイントカードを提示すれば3倍ポイントが貰える日と勘違いしている方が多いため注意が必要です。

ファミランク

『ファミランク』と呼ばれる制度は独自の会員ランクに応じて付与されるTポイントが変わるいう制度で、同じ買い物をしても常時通常の3倍のTポイントを獲得することも可能になります。

(ファミリーマート公式サイトより引用)

1か月間の合計買い物額に応じて翌月の会員ランクが決定するというシステムです。

最寄りのコンビニがファミリーマートだからしばしば使っているという場合は案外ゴールドランクに到達することがあります。

シルバーランクは月間5000円以上とたまにファミリーマートを使う方なら意外と簡単にクリアできます。

Tポイントカードを提示してコツコツランクアップを目指すのは自分はいい歳して意外と楽しいですし、何よりランクアップすると同じ買い物額でもお得になるのでオススメです。

(自分は職場の病院の最寄りのコンビニがファミリーマートということもあり常時ゴールドランクを維持しています)

『ファミランク』についてよくある疑問をまとめた記事でゴールドランクへの上げ方の工夫も紹介しています。ご参考まで。

カードの日

ファミリーマートで火曜日と土曜日に買い物をすると3倍のポイントが貰えるという制度です。

非常に誤解されやすい点として店頭で即日発行した通常のTポイントカードでは『カードの日』に3倍のTポイントを貰うことは出来ません

ファミマTカード(クレジット)もしくはファミマTカード(visaデビット付)をポイントカードとして提示した場合のみ『カードの日』の対象となります。

これら2枚のカードは本来支払手段なのですが、実は提示のみ行ってポイントカードとして使用することが可能です。

このうち年会費無料のファミマTカード(クレジット)を発行すればカード日に最大4.5%のTポイント還元が可能になるので非常にお得ですがレベル1ではクレジットカードの話は一旦保留としてレベル2以降で詳しく解説します。

レベル1ではクレジットカード慎重派の方のためにファミマTカード(visaデビット付)を解説します。

ファミマTカード(visaデビット付)は発行手数料・年会費無料のデビットカードです。クレジットカードではありませんので審査がありません。

デビットカードは自分の銀行口座からその場で直接引き落としを行うためリボ払いやキャッシングにおちいる危険性がありません。高校生でも安全に使えるカードです(実際に15歳以上の高校生なら発行できます)。

クレジットカード発行には慎重な方でも、ファミマTカード(visaデビット付)なら『カードの日』にポイントが3倍になるため非常にお得です。

繰り返しになりますがたとえデビット機能付でもポイントカードとして提示のみ行い、支払いは現金で行うことができます。それでも『ファミランク』は上がっていきますし、『カードの日』のポイントは3倍となります。

このカードは通常のポイントカードと異なりファミリーマート店頭で即日発行はできません。インターネットで申込むという方法が基本となります。

発行の際、少しだけ手間を許せば少しお得に発行できるマニアックな方法があります詳しくはこちら)

『ファミランク』『カードの日』別、Tポイント還元率一覧

『ファミランク』と『カードの日』を整理したTポイント還元率は次の通りになります。

『カードの日』の日以外 『カードの日』(火・土曜日)
『ファミランク』ブロンズ 0.5%還元 1.5%還元
『ファミランク』シルバー 1.0%還元 2.0%還元
『ファミランク』ゴールド 1.5%還元 2.5%還元

表は全てTカードを提示して現金で支払った場合の還元率となっています。

くどいですが店頭で発行する通常のTポイントカードでは『カードの日』のボーナスポイントの適用とはならないことに十分注意して下さい

スポンサーリンク



ザクザクTポイントを貯めて安く買う方法:レベル2(最大4.0%還元)

Tカードを提示して自分のお気に入りのクレジットカードで買う

お得度:★★☆☆☆

難易度:★★☆☆☆

還元率:1.0~4.0%(※)

うちTポイント還元率:0.5~3.7%(※)

ファミランク・曜日・クレジットカードの種類により変動します

レベル2のお話の大前提として、クレジットカード払いの場合もTカードは提示して通常通りポイントを貯めることができます。

クレジットカードとTカードのポイント二重取りが可能です。

これによりレベル1で紹介した還元率0.5%~2.5%の買い物方法にクレジットカードのポイントをまるまる上乗せすることができます。大変お得です。

クレジットカードはどこのクレジットカードでもいいです。自分の好きなもので

クレジットカードによって還元率は様々ですが大体皆さん0.5~1.2%のポイントが貯まるカードをお持ちの方が多いと思います。

入会費・年会費無料のクレジットカードとしては

リクルートカード :1.2%還元(リクルートポイントが貯まります)

DCカードジザイル:1.5%還元(Tポイントへ交換する場合は還元率1.2%)

このあたりが現在最高峰の還元率となっています。ご参考下さい。

Tポイント還元率としては『ファミランク』ゴールド、『カードの日』、DCカードジザイル決済を行った場合が合計3.7%(2.5+1.2%)と自分の知る限りではこのレベル2のなかでは最高値となります。

クレジットカードはスマートホンのapple payやおサイフケータイに登録しておくとレジでスマホをかざすだけのスピーディー決済ができますで、レジで時間をかけたくない人にはポイント還元以外のメリットもあります。

ザクザクTポイントを貯めて安く買う方法:レベル3(最大4.3%還元)

Tカードを提示しておまけつきクオカードで買う

お得度:★★★☆☆

難易度:★☆☆☆☆

還元率:2.3~4.3%(※)

うちTポイント還元率:0.5~2.5%(※)

ファミランク・曜日・クレジットカードの種類により変動します

この方法はかなりオススメです。とても簡単だからでクレジットカードが要りません

実はファミリーマートで販売されているクオカードは1万円で10,180円分の買い物ができます。下の画像のようなものです。

(QUOカード公式サイトより引用)

ファミリーマートの店頭で買うことができます。買った時点で1.8%の還元となります。

クオカードで購入する際もTカードの提示をすることが可能ですので、この1.8%還元の恩恵とTカード提示によるポイント付与の二重取りが可能です。

レベル1の還元率0.5~2.5%にクオカード購入時の1.8%が加わるので、還元率2.3~4.3%となります。ただしTポイントとしての還元はTカード提示分の0.5~2.5%の部分となります。

クオカード購入時に1万円の支払いがあることがネックではありますが、クオカードは以下の加盟店ならどこでも使うことができます。また使用期限がありませんので数年かけて使うこともできます。

180円のおまけつきクオカードは大変お得です。

ザクザクTポイントを貯めて安く買う方法:レベル4-1(最大4.5%還元)

ファミマTカード(クレジット)で買う

お得度:★★★★☆

難易度:★★★★☆

還元率:2.0~4.5%(※)

うちTポイント還元率:還元率と一致

ファミランク・曜日により変動します

3種類あるファミマTカードの中にクレジット機能をもつカードがあります。

下記画像の一番左のカードです。

画像についている○×は『カードの日』にボーナスポイントの対象となるかを表しています。通常のポイントカードでは『カードの日』の対象とならないというのがレベル1でお話した非常に誤解している方が多いことで有名な『カードの日』に関する注意点でした。

このファミマTカード(クレジット)はポイント還元率が0.5%とクレジットカードの中では本来最低の部類です。

しかしファミリーマートでは無期限で『ずーっとクレジットポイント3倍』というキャンペーンを行っており非常にお得に買い物することができます

このキャンペーンのおかげでファミリーマートでは『ファミランク』ブロンズで『カードの日』ではない月曜日でも画像中段のケースのように例えば1000円のお会計で20Tポイントの獲得ができます(2.0%還元)。

『カードの日』に『ファミランク』ゴールドが重なると最大で4.5%のTポイント還元で買い物することが可能です。(画像の最下段のケースにゴールドランクの+10ポイントが加わることになります)

このTポイント4.5%還元というのは自分が知る限りではファミリーマートで最高のTポイント還元率ですのでTポイントを集中的に貯めている方にとってはカード一枚でシンプルに出来る方法ということもあり大変オススメです。

(4.5%以上のTポイント還元率でファミリーマートで買い物する方法があればコメント欄からぜひご教授下さい)

ただしファミリーマート以外ではクレジット還元率は0.5%と最低クラスですのでファミリーマート限定のワンポイント起用が有効な使用方法と考えられます。

「そんなワンポイントのために持ち歩いてられないよ!」という方はapple payやおサイフケータイに登録しておくことをオススメします。

スマホでiD決済を行った場合も『ずーっとクレジットポイント3倍』キャンペーンの対象になりますのでファミリーマートでのみこのカードを画面上で選択してスマホ決済を行うとカード実物を持ち歩かずに済み、今どきのスマートな使い方が可能になります。

ザクザクTポイントを貯めて安く買う方法:レベル4-2(最大4.5%還元)

ファミマTカード(デビット機能付)を提示してJALクレジットカードで買う

お得度:★★★★☆

難易度:★★★★☆

還元率:2.5~4.5%(※)

うちTポイント還元率:0.5~4.5(※)

ファミランク・曜日により変動します

恐らくあまり知られていませんが実はファミリーマートはJALの特約店です。これにより還元率1%のJALクレジットカードの場合、還元率が2%となります(JALマイルとして貯まります)。

JALクレジットカードで支払いする際もTカードの提示でポイントの二重取りが可能ですので、レベル1で解説した0.5~2.5%Tポイント還元にJALカード特約店の2%JALマイル還元を上乗せすることができます。

したがって合計で2.5~4.5%還元が可能となります。

マイルはマイルのままでという人もたくさんいると思いますが、マイラ-の増加に伴って年々希望の特典航空券が取れないという声を耳にすることが多くなっていることも事実です。

実はJALマイルは年間2万マイルまではTポイントへ1JALマイル=1Tポイントとして交換することが可能です。

ANAマイルもANAマイレージクラブから同様に年間2万マイルまで1ANAマイル=1Tポイントにワンクリックで交換することが出来ますが、JALマイル⇒Tポイントの交換には『JMB JQ SUGOCA』というカードを発行する必要があります。

『JMB JQ SUGOCA』カードの会員となることで1JALマイル=1JRキューポというレートで交換することが可能になります。

交換したJRキューポはTカード公式サイトから1JRキューポ=1JALマイルというレートで交換できます。

これにより1JALマイル=1Tポイントに交換することができ全てのポイントをTポイントに集約することができ、このレベル4-2の方法でもレベル4-1同様に最大4.5%Tポイント還元が可能となります。

ワンポイント起用しかできないファミマTカード(クレジット)を発行するなら今手持ちのJALカードを使う。

あるいは以前からJALカードの発行に興味があったという方にはレベル4-1よりもこちらの方法がオススメとなります。

ザクザクTポイントを貯めて安く買う方法:レベル5(最大5.5%還元)

クレジットチャージしたnanacoカードを使ってセブンイレブンでおまけつきクオカードを買い、Tカードを提示しておまけつきクオカードで買う

お得度:★★★★★

難易度:★★★★★

還元率:3.5~5.5%(※)

うちTポイント還元率:0.5~2.5%(※)

ファミランク・曜日により変動します

ファミリーマートの話をしているのに突然セブンイレブンのnanacoカードが登場するので戸惑う方が多い方法です。

この方法を知っていると公共料金の支払い時など他の場面での節約にも応用できますので非常にお得です。

この方法の理解に必要な知識は次の3つになります。

①nanacoカードにはリクルートカードというクレジットカードでチャージ(入金)できる。その際に入金額の1.2%のリクルートポイントを獲得できる。

②180円のおまけつき1万円クオカードをセブンイレブンの店頭で①でチャージしたnanacoカードを使って買うことができる。(1万円に対して180円の還元率1.8%)

③セブンイレブンで購入したクオカードでファミリーマートで買い物するときもTカードを提示できる。(いつもの分のTポイントが貯まる)

図で整理すると次のようになります。

まずセブンイレブンでクオカードを購入するところまでが以下の通りです。ここまでで3%の還元となります。

さらにTカードの提示により0.5%~2.5%のTポイント還元を受けることができます。Tポイントの還元率はレベル1で詳しく紹介した通り、ここでも『ファミランク』と『カードの日』により幅があります。

Tカード提示での還元率が最大の2.5%に達する方は、クオカード購入までの3%還元と合わせて合計5.5%還元となります。

自分が知る限りでは5.5%還元はファミリーマートで作り出せる一番高い還元率で、すなわち実質一番安く買う方法となります。(これ以上をご存知の方はぜひコメントをお寄せ下さい)

なおnanacoカードにリクルートカード(JCB)でクレジットカードでチャージする方法について自分がやってみた様子を掲載しています。ご参考まで。

nanacoクレジットチャージ完了までの実際の様子はこちら=クリックで表示=

また画像再掲となりますがnanacoクレジットチャージで購入したクオカードはファミリーマート以外でも使用することができます。

その中にはファミリーマート同様にクオカードでの支払い時に各店のポイントカードを提示することができることがあります。幅広いお店で大変お得となります。

最後におまけ情報となりますがクレジットチャージしたnanacoカードを使ってセブンイレブンで公共料金の支払いをすることができます。

このようなバーコードつきの払込書をレジでnanaco支払いすることができます。

その際、下図の通り公共料金の支払いでも1.2%のリクルートポイント還元を受けることが出来るため大変お得です。

これが有名な『nanacoクレジットチャージでの公共料金支払い』という方法の正体です。

リクルートカード以外にもnanacoにクレジットチャージできる年会費無料のカードはありますが、現状リクルートカードが一番その還元率が高くなっているため人気があります。

<リクルートカード以外にnanacoクレジットチャージできるカード一覧>

2018.5月時点

  • リクルートカードVISA・JCB・MasterCard:還元率1.2%
  • Yahoo! JAPANカードVISA・JCB・Mastercard:還元率0.5%
  • セブンカード・プラス:還元率0.5%
  • ファミマTカード:還元率0.5%
  • JMBローソンPontaカードVisa:還元率0.5%

ファミリーマートでTポイントをザクザク貯めて安く買う方法6選のまとめ

今回は

レベル1:Tカードを提示して買う

レベル2:Tカードを提示して自分のお気に入りのクレジットカードで買う

レベル3:Tカードを提示しておまけつきクオカードで買う

レベル4-1:ファミマTカード(クレジット)で買う

レベル4-2:ファミマTカード(デビット機能付)を提示してJALクレジットカードで買う

レベル5:クレジットチャージしたnanacoカードを使ってセブンイレブンでおまけつきクオカードを買い、Tカードを提示しておまけつきクオカードで買う

という6つの方法を紹介させていただきました。

スポンサーリンク



この中に興味を持てた方法があればぜひその方法でファミリーマートでザクザクTポイントを貯めて安く買い物をしてみてはいかがでしょうか(終)

T坊(@doctorN20)記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です